仕事納め!人生の節目!

今年もあとわずか。
今年もお世話になった方々へ、心より御礼を申し上げたい。
合わせて一年を振り返り、「武士道」と照らし合わせてみることにした。

「武士道」日本人の道徳性の基礎として提示するにあたって、
さまざまな徳目を武士道を構成している。

一の徳 「義」とは人間の行うべき筋道、正義。
二の徳 「勇」勇気が必要。「義」と「勇」を切り離す事はできない。
三の徳 「仁」とは慈愛の心。
四の徳 「礼」とは敬意を払ったふるまい。
五の徳 「誠」とは偽りがなく、行いに心がこもっていること。
六の徳 「名誉」武士はその行いが「損か得か」ではなく、
      武士として名誉が恥かという基準で判断をした。
七の徳 「忠義」武士として特に強く求められている徳目であった。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック