《 故郷の大地の恵み!その3 》

里芋のニョッキ!







イタリア料理のニョッキは一般的にジャガイモやかぼちゃで作るが、今度は和風仕立てに田舎の里芋で作ってみた。

里芋は2種類あり、兄に聞いたところ白里芋が柔らかくて美味しいって言っていたので、白里芋を使ってみた。





画像









                   豆乳を使ったトマト・バジルソース味!
画像






             ニョッキもずいぶんと作り、以前のを見てみると。

                    《 人気上昇中のニョッキ! 》

                  《 じゃがいもニョッキ 》 

                  《 焼き焼きニョッキ 》 

                   《 ニョッキ 畑 》 





画像





<作り方のお話し>
1.里芋の皮を剥いて、茹でて裏ごしし、塩と小麦粉を入れて捏ねた。それをのばし、2cmぐらいに切って茹であがったらざるにこし。
2・ソースはトマトを湯剥きし5㎜に切っておく、
3.バジル5枚は切ってすり鉢で細かくし、豆乳100cc、オリーブオイル大さじ1、塩を混ぜておいた。
4.鍋にオリーブオイルを入れ、トマトを少し煮て、③を入れて①のニョッキを加え塩で味を調えた。








画像








    








にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村

"《 故郷の大地の恵み!その3 》" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント