〈〈〈 マリネと南蛮漬けの違い )))

長芋ときのこのマリネ!








画像


以前フランス料理店で月1回フランス料理を習い、 鰯を三枚におろして揚げ、熱いマリナードを上からかけた“鰯のエスカベーション” はずいぶんと作った。

で?

エスカベーションってスペイン語。

そして

ナスとピーマンの中華南蛮漬けを初めて作り、すげ~うまかった。

マリネと南蛮漬けの違いはいったいどこに違いがあるんだろうかって思って調べてみた。

マリネは
『マリネとは、肉・魚・野菜等 を、酢やレモン汁などからなる漬け汁に浸す調理法、またその料理を言う。素材に風味をつけたり、柔らかくしたりする目的の下ごしらえであるが、漬け汁につけた状態のままでも食される。一般に南欧の調理法として知られているが、実際には世界中で広く散見される。日本では「マリナード (仏:marinade)」、「マリネード(英:marinade)」 とも呼ばれる』と書かれてあった。

南蛮漬けは
『魚などを油で揚げて、ねぎや唐辛子と一緒に酢漬けにした料理。「南蛮」は、東南アジアを経由してやってくるポルトガルやスペインを指し、香草、香辛料と油を用いた新しい調理法ということで、外国を意味する「南蛮」によって示された』と書かれてあった。

南蛮漬けもマリネも簡単に言えば同じなんですかね!

南蛮漬けもマリネの手法は、食物に風味をつけ、柔らかくしたり、時には、保存期間の延長を促したりするための調理方法ですね。ただし、現在の冷蔵技術や食物加工の進歩によって、保存期間延長が目的となることは少なくなっていますね。








画像



ナスとピーマンの中華南蛮漬けを初めて作り、旨かったので病みつきになって“揚げる、炒める、焼く 南蛮漬け”を作り、おいらが作った、焼いて漬け汁に漬け込んだのは南蛮漬けって言わないんだね(((笑
揚げなくちゃいけなかったのか((笑
でも、旨かったし、ヘスシーでよかったと思うけど?
で、今回は長芋としめじを揚げちゃいましたよ。

漬け汁は
ワインビネガー・・・大さじ3
砂糖・・・小さじ2
オリーブオイル・・・大さじ1
塩、コショウ・・・適量

そして

香つけのローズマリーを使ってみました。



皆様の応援クリックがブログ更新の励みになります。
↓のアイコンをポチポチと押してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村

コメントのお返事は大変申し訳ありませんが、基本的に控えさせていただき、訪問に替えさせて頂きます。

記事の感想をお聞かせ頂くとすごく嬉しいです。

この記事へのコメント

2010年06月29日 10:55
これまたおいしそう!!
マリネと南蛮漬けの違い、なるほど~~~~
スナフ
2010年06月29日 12:57
サッパリしていて梅雨時当にタイムリーメニューですね。博士、今夜は対パラグアイだね、どうなる事でありましょうね~~~???応援のスタンバイオ~ケ~?
                 ウルフの
2010年06月30日 00:34
こんばんは。
マリネと南蛮漬けの違い
なるほどぉ~と思いました。
今 サッカー見てます。
未だ点は入ってないけど・・・(*^-^)♪